まちゅあドック - コミュ障ぼっちの社会冒険譚

重度コミュ障ながらも上流SEとして働く男の嘆息記です

新社会人2年目の資産運用案

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ

最近、資産運用とやらを始めてみました!

 

入社前までは「資産運用なんて胡散臭いし、やっぱり貯金が最強だよなぁ」なんて思っていたのですが、インフレリスクの懸念と単純な興味から、少額ですが始めて見ることにしたのです。

 

今の所、私の手取り月収は30万円弱で、両親への上納金10万円と、その他支出(食事代・自己研鑽費用・交際費など)8万円を差し引いた、合計12万円ぐらいが毎月の貯蓄資金となります。

そして、今の所のポートフォリオ(月毎)は以下のとおりとなっています。

 

  • 社員持株:25,000円+α
  • 純金積立(特定保管方式): 15,300円
  • プラチナ積立(特定保管方式): 15,300円
  • FX(米ドル / レバレッジ1倍): 10,000円
  • FX(人民元 / レバレッジ1倍): 10,000円
  • 預金: 残り(45,000円前後)
  • 優待株で気に入ったものがあれば、時たまに購入
    (投資ではなく、消費としてカウント)

-------------------------------

【月収外】

 

投資慣れしている方から見れば、「歪な運用形態だなぁ」とか、「本当に運用する気があるのか?」とか色々とツッコまれそうな気がしますが、「想定外事態の発生によるリスク回避」が主目的(=利回りを度外視している)現状では、まあこんな感じです。

 

一番上の項目にある「社員持株制度」は言わずもがな、といった感じですね。自社株を毎月買っています。

私は放置プレイ+老害体質+激務な自社のことが最早嫌いになりつつありますが、これでも見てくれと金周りだけは良い企業なので、毎月買っています。

奨励金もありますしね。「+α」の表記はコレのことです。

 

 

純金/プラチナ積立は、かの有名な田中貴金属工業のG&Pプランナーで毎月積立をしています。積立方式は「ドル・コスト平均法」で、ギャンブル性が最小限に抑えられています。

ここは手数料が高かったり(毎年7,200円 / 月30,000円の場合) 、積立の一時休止が出来なかったりと、中々融通が利かないところがあります。

が、その一方で運用方式が「特定保管」とされているため、会社が倒産しても積み立てた金・プラチナは手元に取り戻せるという安心感があります。

 

まあ、高い手数料を払ってまで、わざわざ積立を続けていることからもお分かりかと思いますが、コレはあくまで将来的な経済恐慌・不測の事態に備えた「分散投資」の一環です。ビビりな私の投資理念を象徴している金融商品とも言えるでしょうw

 

 

で、私のポートフォリオの中では最も投資額が少ないFXについてです。

こちらは、無難にアメリカドルと、将来の価値上昇が強く期待される中国の人民元を同額投資しています。

本当は銀行の外貨預金でやりたかったのですが、手数料が高く、しかも預金保険制度が無いので、仕方なく信託保全で最低限の資産保証制度があるFXで外貨を貯めることにしました。

 

利用しているFX取引業者・商品は、SBI FXトレードの「積立FX」です。

これもまた、通常のFX取引と比べると手数料が高いのですが、レバレッジ無しで、かつ「ドル・コスト平均法」による購入方式(つまり積立)が選択出来るという利点があり、選択しました。通貨単位とかいう謎制度の縛りが無いところも、貧乏な若手社員との相性は抜群です。

 

この運用方式の欠点は、為替の値動きを見てても全く面白くない所ですねw

レバレッジ有り+高証拠金のFXをされている方からすれは、レートが30銭上下すれば狂喜乱舞・阿鼻叫喚の大騒ぎかも知れませんが、レバレッジ無し+低証拠金の私からすれば、3円程度上下変動したところで「ふーん」って感じですからね…。

そして、退屈なので稀に「たまにはレバレッジ有りで普通のFXもやってみようかな…」なんていう悪魔の囁きが聞こえてきます。この誘惑に耐える精神力を鍛えるためにも運用ってのは役立つのか、すごーい!(心にもない声)(^q^)

 

で、最後に優待株です。まあ預金については掘り下げることもないし、スーパーローリスク・スーパーローリターンといっても過言ではないので、安全第一主義なら、一番額が多いのも至極当然ですよね…。

 

私は「株購入は投資ではなく消費としてカウントする(=いつの日にか0円になるという想定のもとで購入要否を判断する)」というマイルールを設けており、購入頻度も2-6ヶ月に1回程度を見込んでいます。つまり、中長期トレードを原則としています。

というのも、私の両親は2000年代中盤過ぎに国内株式のデイトレードに手を出し、リーマンショックの余波をモロに受けて数ヶ月で90万円も損をしたのを真横で見ていたし、そもそも仕事が多すぎて平日は株なんぞにかまけて居られないのです…orz

 

今現在保有している株はコジマ(7513)のみですが、今後はブックオフ(3313)といった利用頻度の高い店や、GMOインターネット(9449)のようなWebサービス特典付の優待株も購入していきたいところです!

 

 

今後、この運用形態が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、しばらくはこの布陣で様子を見てみようと思います。

また、来年まで辛うじて生き残れれば昇給があるので、積立NISAなんかを活用してみるのも面白いかも知れません。

というか無理矢理にでも目標を立てとかないと、多分心が折れる…(´・ω・`)

 

 

それにしても、投資ってのは本当に難しいですね…!

商品が多くてメリット・デメリットを学ぶだけでも一苦労ですし、先行きは読めないし。

上のポートフォリオを構成・運用開始するのに、1ヶ月弱も掛かってしまいました。

 

次に社会人として考える必要があるのは、各種保険あたりなんでしょうね…。

まだまだヒヨッコな社会人として、考えなきゃいけないことは山積みの様相ですorz